<< 試される北の大地から 第2話 | main |

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, -

試される北の大地から 第3話

誰が言ったが、三日坊主。
そう、私のことだ。

最近の旅行のことでも書こうとしたらなんか中途半端な記事があるなーと。
というわけで半年以上前の出来事を思い出しつつねつ造。そんなお話。

ここからはダイジェストでお送りします。

北海道3日目は冴さんとゆるゆるポタリング。
某フォロワーさんのポタリングとは違って本物だよ。大丈夫。
地理には疎いのでひたすら引いてもらいました。ありがとう冴さん。

まず向かったのはこちら、東京○○大学の長万部キャンパス。

夏休みだから誰もいないよ!
聞いた話だとここに来る学生さんたちは入学式後早々に飛行機で移動するとかなんとか・・・。

その後は函館本線にそって、目的地である道の駅「黒松内」へ。
途中気まぐれに駅に寄ったり。

無人駅の雰囲気っていいよね。

確かここでは自転車で旅してるおじさんに会ったかしら。
駅舎に入ったら半裸のおじさんが体拭いてたもんね、めっちょビックリしたよね。
こういうとこで寝泊まりしながら旅してるとか。
ちょうど自分たちが来た長万部に向かうって言ってたかな。

出発するおじさんを見送る。

ご安全に!

緩やかだけど長い峠を二つか三つ越えて走ることしばらく、黒松内町に入りましたよ!

カントリーサインを見つけるとつい撮っちゃう。仕方ないね。

ここからまだ意外と距離があった気がする。登って下るくらいには。
そんな感じで道の駅「黒松内」についたころにはもうお腹ペコペコ。
しかしだからこそ、ここに来た甲斐があるというもの。
なんでもこの道の駅ではピザがとても有名だそうな。
どのくらい有名化というとgoogleで「黒松内」って打つと「黒松内 ピザ」がサジェストされるくらい。

そのピザがこちら、

なんと美しい・・・。

ビスマルクっていう名前だったかな。
そしてここでもガラナ。とりあえずガラナ飲んどくか、みたいな雰囲気あるよね。
昼食をとったあとは休憩もかねて道の駅をぶらぶらしつつ。


長閑だね。

足とお尻が回復したころに帰途に。
ただ、あまり長距離走った経験がなかったせいか思うように速度が出ず・・・。
峠登ってるときは10km/h出るか出ないかくらいに落ちてたと思う。

というわけで再び休憩することに。
ちょうど黒松内へ向かう道の途中に喫茶店の看板があったことを思い出し、立ち寄ったのがこちら。

なんかすごくお洒落。

で、いただいたケーキ。

可愛い。

これがまたチョコにオレンジの風味がよく合ってて美味しかった。
やっぱり疲れた身体には甘いものだよねぇ。まさにオアシス。

しっかり糖分を補給した後は、ちょうど峠も越えていたこともありスムーズに。
長万部の宿に戻った後は近くの温泉に入ってのんびり。

夕食を済ませた後は、昨日と同じように冴さんとお酒飲みつつ艦これやって。
適当なところで就寝。

4日目につづく。

 

at 19:22, しみー, 旅行

comments(0), -, -

スポンサーサイト

at 19:22, スポンサードリンク, -

-, -, -

comment